散骨は自然に還るもの

今までは火葬後、遺骨は墓におさめるのが一般的でしたが、近年はお墓を持っていない人や、お墓を持っていても継いでもらう人がいないため墓じまいをして、おさめられていた遺骨を散骨するという人が増えています。

散骨は、海や山で行うため、自然サイクルの中に、動物や植物を同じように還ると捉えられています。


ただ散骨をする場合にもいくつか注意すべき点があります。

その1つが、遺骨はパウダー状に細かく砕いて行う必要があります。


骨の形のままですと、周囲に迷惑をかけてしまいますから、必ず細かく砕きます。

自分で遺族の骨を砕くのはためらわれるという場合には、業者に依頼して行ってもらうことができます。

そのほかに、散骨する場所はどこでもよいというわけではありません。


自治体によっては山や川に撒くことを禁止しているところがありますから、事前に禁止されていないかどうか確認する必要があります。そして同じく人目についたら嫌な気分を抱く人もいますから、山であれば人があまり通らない場所にし、海であれば海岸から離れた場所に行います。

海で行う場合には、船などをチャーターして沖に出て撒くという方法がとられています。

オリジナリティに富む産経ニュースの情報サイトが便利です。

散骨することをサポートする業者が複数ありますから、船を貸し切りにしてもらうことができます。



遺族や友人などが船に乗り込んで、遺骨を撒きながら最後のお別れをします。
故人に会いたいと思ったら墓参りをするのと同じように、遺骨を撒いた場所を訪れれば十分に供養することができます。